RuleWatcherに新テーマ「食料システム」を追加しました。

株式会社オシンテック(兵庫県神戸市、代表取締役小田真人)は、2022年6月1日、各国のルールトレンドを可視化するウェブサービス「RuleWatcher」に、新テーマ「Food System(日本語名:食料システム)」を追加いたしました。



RuleWatcherは、環境や人権などのグローバルイシューに関する各国政府や国際機関が発する一次情報を整理可視化した、ウェブサービスです。

(RuleWatcherの詳しい情報はこちらをご覧ください。)


パンデミック、そして戦争。わたしたちの食のグローバル化が、こうした事態にいかに脆弱であるかに、気づかされる方も多いのではないでしょうか。


RuleWatcherに新たに追加した「食料システム」は、食の生産、加工、輸送、消費、廃棄、循環にまたがる政府等の発信情報を扱っています。


ウクライナ侵攻後「食料安全保障」タグで絞り込んだ各国政府発表700件のデータ。機械学習によって共通ワードでクラスタリングされている(各タイルをクリックすることで個別記事を表示できます)。


850を超える政府等のウェブサイトから、膨大な発信情報を自動収集・機械英訳し、食料システムに関連するキーワードで絞り込み、自然言語処理を行っています。


近年の大規模な農畜産業や漁業は、80億人近くの地球上の人口を養うだけの生産を行いながらも、実際は大量の廃棄とその一方での飢餓をもたらすという、極度の偏りをみせています。​そして、食の裏側にある、労働人権の侵害、森林資源の減少、土地の劣化、水資源の枯渇や汚染は、私たちに差し迫った危機をもたらしています。


RuleWatcherに表示されるデータからは、こうした問題群や対策などをより把握しやすくするためのタ