OSINTechは、B Corp認証取得しました。

203_RW左へ_4x.png
116_オシン誘導(右)_4x.png
a46e69a805511105_org_edited_edited_edite
B_Lab_GlobalNetworkVision.png

B corpってなに?

210_情報収集2_4x.png

​B Corpとは "B Corporation" の略称で、

クリーンな企業のみに与えられる認証制度」です。

B Corp認証は非営利ネットワークであるB Lab(2006年設立・本部米国)によって運営されています。

B Labは「いまの世界の経済システムに欠けているのは、企業の持続可能な仕組みへの移行だ」という思想のもと、次のような独自の企業評価基準を設けています。

 

・「社会的・環境的活動」に取組み、世界に貢献しているか。

・ビジネス上の利害関係者への「説明責任」を怠っていないか。

・組織運営について社内外に公開し、高い「透明性」を維持しているか。

いまでこそ、ステークホルダー中心主義やサステナブルファイナンスなど、従来の株主中心主義とは異なる企業評価が登場してきましたが、2006年の段階では極めて珍しいものでした。

B Labの価値観は、環境と社会を重視し、ステークホルダー全体の幸福を追求するOSINTechの思想と一致しています。

B Labが「社会的・環境的活動」「説明責任」「透明性」の3つの観点において高い水準を満たした企業の認証を与えるという行為は、単なる評価ではなく、認証を受けた企業たちの作るコミュニティによって、クリーンな企業の活動を推し進めるムーブメントとして世界に広めていくことを目的としています。

 

2022年3月現在、B Corp認証を取得した企業「B Corporation」は世界中で約4,500社に及びます。

 

そして、OSINTechは日本でB Corp認証を取得した10社目の企業となりました。(2022年3月24日時点 取得公開企業)


これから、B Corporation の一員として認証企業からなるコミュニティに参加し、一層、グローバルな環境や社会の課題の解決を目指していきます

なぜOSINTechは
B Corp認証を取得したの?

それはB Corpを運営するB Labの思想とOSINTechの理念には多くの共通点があるからです。

​OSINTechは、グローバル・イシューを解決に導くため、
多くの人がルールに着目することが欠かせないと考えています。

いまのテクノロジーを使えば、
「世界中の政府や国際機関が発信するデータ」を手に取ることができます。
声の大きい力の強い誰かだけでルールを作り、運用していくのではなく、
私たちひとりひとりが、ルールを作っていく主役として、より前に出ることができる。
そんな時代を作っていこうとしています。

これは、B Labが力の強い株主の意向だけではなく、
より広い社会と環境にとってよい活動する企業を認め、
キラリと光る企業たちで新しい社会を作るムーブメントを
盛り上げようとしていることと繋がっています。



We’re building the B Corp movement to change our economic system— and to do so, we must change the rules of the game.  
   
                                                                        (出典: B Lab

 

g0493_edited.png
313_テリ座る_4x.png
105_オシン喜び_4x.png
​B corp認証を
取得するには?
Governance企業理念__1_-removebg-preview.png

これからB Corp認証を検討される方のために、私たちが受けたアセスメントについても触れておきます。

 

​B Corp認証を取得するにはB Labからの"B impact assessment"

という200問近い質問に答える必要があります。これは、企業のクリーンさを確かめるテストのようなものですが、回答をしていくプロセスの中で、業務の在り方や、情報公開の整備など、多くの気づきを得ることができます。

基準となるスコアは、200点満点中80点で、以下の6項目で構成されています。

 

  1. Governance: 企業の理念や形態

  2. Community:サプライチェーンマネジメントやローカルコミュニティへの貢献

  3. Workers:従業員の満足度や社内の労働環境

  4. Environment:企業活動における環境への影響の度合い

  5. Customer:顧客との関係性

  6. Disclosure Questionnaire:情報開示

ここでは、ある項目が突出しているだけでは不十分であり、全6項目がB Labの定める基準を十分に満たしている必要があります。

​こうしたB Labとのやり取りは、より持続可能な組織としてのバランスを考える最良の機会となりました。

欧米を中心にB Corp認証は拡大を続けていますが、日本での認証企業はまだ、ごくわずかです。

OSINTechは​、"B corporation" のコミュニティを広げる、より良い世界の実現を目指す仲間ができることを望んでいます。

 今回の認証取得の過程についての記事も参照していただければと思います。