【講義】関西学院大学「SDGs時代の情報の読み解き方を知る」

2021年5月28日、弊社代表、小田真人が、関西学院大学(兵庫県西宮市)の講義を担当しました。




この講義は、「教養基礎G(環境)」という、環境問題の基礎から企業の活動や行政の役割、ステークホルダー全体とのかかわりを今起きている現実に即した形で展開する一連の講座のうちの一コマをお預かりしました。





今回はメディアなどを通じて見聞きしているSDGsなどの解説ではなく、それらの情報の全体像をどうとらえるか、一つの情報から類推していくかという、「インテリジェンスの仕方」に焦点を当てて解説しました。


オンライン授業のスタイルだったので、できるだけ「お題」を提示して、チャットに書き込んでいただくよう促すと、みなさん大変活発に投稿してくださいました。


「ガソリンが売れなくなる」「電気は足りるのか」「原発が必要なのでは?」「日本車が売れない」「温暖化のためにはよいこと」etc...



ここで、学生のみなさんにお伝えしたのは、以下のような視点で「批判的に読む」ということ。例えば、

  • 分母(40%の分母は何か)

  • 技術(チャージに時間がかかる)

  • 資源(電池に使われる鉱物資源は足りるか)