第1回 ESGオシント ユーザー対談「Material ConneXion Tokyo」 ~ サーキュラーエコノミーで再発見される素材の価値 ~

OSINT(オープンソース・インテリジェンス)は、一般に公開され誰でも利用可能な情報から、必要な情報を収集する手法を指します。これまで軍事やセキュリティ分野を中心に使われていましたが、最近では企業が発表している財務データや広報データをもとにサプライチェーンの分析を行う企業が出てくるなど、ビジネス分野でもOSINTの活用が進んでいます。


オシンテックはRuleWatcherを通じ、環境、社会、ガバナンスといったESG分野でのOSINT活用を推進しています。今回、サステナブルな素材のライブラリーを運営されているMaterial ConneXion Tokyo代表の吉川 久美子さんにお越しいただき、オシンテック代表の小田 真人と素材を巡るトレンドやサーキュラーエコノミー(循環型経済)についてお話しいただきました。


吉川 久美子さん Material ConneXion Tokyo(運営会社:株式会社エムクロッシング)代表取締役。前職にて樹脂成形品に転写する加飾フィルム事業部に所属し、家電や自動車メーカーのデザイン部門に対し、CMFデザインの提案を行う部署を立ち上げる。2013年MCX東京の設立に携わり、2015年4月代表取締役に就任。さまざまな領域の素材をクロスボーダーに活用する提案でイノベーションにつなげるマテリアルコンサルティングを行う。 Webサイト:https://jp.materialconnexion.com/
小田 真人 オシンテックCEO。2012年から6年間のシンガポール赴任時に、環境などでルールで締め出される日本のビジネスに直面。環境問題などに本質的なアプローチで望むため、ルールの領域のITを活用した旗振り役を自ら務めるべく18年株式会社オシンテック創業。神戸情報大学院大学の客員教授としてインテリジェンスの探究にも従事。 Webサイト:https://www.osintech.net/


「持続可能な"素材"はないの?」の声に応える


小田:吉川さんの会社では、ものすごくたくさんの「素材」に特化したライブラリーを展開されているんですよね?