「気候難民」専門家会議のプラットフォームとして、RuleWatcherが活用されています。

株式会社オシンテック(本社兵庫県神戸市、代表取締役小田真人)が運営する各国のルールトレンド情報提供ウェブサイト「RuleWatcher」は、2022年7月25日より環境省の行う令和4年度「気候難民の厚生に資する産官学連携適応国際協力コミュニティ振興」※において、関連情報収集および共有機能を専門家の方々にご提供しています。




地球温暖化に伴う異常気象で住まいを追われる「気候難民」が増加しています。世界銀行の試算によれば、こうした気候難民は、2050年までに2億人を超えるとされており、その発生予防や発生後の支援体制の構築は喫緊の課題になっています。


しかしながら、気候難民の発生メカニズムは多様であり、支援についても領域を横断することが分かっています。そこで、学際的な専門家コミュニティでメカニズムを整理し、気候資金等の活用を念頭に、官民が連携して有効な支援を具体的に検討することが肝要です。



情報収集の一例:世界各地で発信されたデータをもとに「気候変動によって移住を余儀なくされた人たち」を示す多様なキーフレーズで抽出し、単語によってクラスタリングしています