【登壇報告】「多言語情報から未来を読み解くインテリジェンス」

2021年6月3日JETRO主催オンラインセミナー「事業を創る未来トレンドのつかみ方」において、弊社代表小田真人が登壇いたしました。



当日は100人を超える海外駐在者、予定者、企業の企画部門・知財部門の方などが視聴され、多数の反響をいただきました。


多くの企業のみなさんがコミットしているSDGsについて、時系列による解説と、金融や情報開示、カーボンプライシングといった関連する事項を、体系的にお話しました。



そのうえで、こうした時代の変化における「移行リスク」と「移行機会」の捉え方のポイントとして、

  • 政策・規制・社会規範

  • レピュテーション・社会(市場)の価値観

  • 技術

を挙げ、それぞれの事例を紹介することで、事業づくりのヒントをお伝えしました。


後半は、JETROシンガポール知財部の新留豊氏(画面左上)の司会のもと、同経済連携促進アドバイザーの玉置仁氏(右上)、東洋製罐ホールディングスの遠山梢氏(右下)とのパネルディスカッションをさせていただきました。

ここでは特に、事業のタイミングについてお話いたしました。


オシンテックでは、環境や人権の分野を幅広く情報収集していますが、そうした情報からできることは、

  • 全体像とトレンドを掴むこと

  • トレンドに基づく事業の準備をすること