速報!RuleWatcherログイン画面付近に危険が迫っています

ただいま4月1日、RuleWatcherのログイン画面付近では、Fake情報を拡散しようとする暗黒卿フェイクー伯爵と、インテリジェンスの騎士たちが衝突しています。


RuleWatcherに世界中から情報を集めて投稿するロボットRW-078(通称ウォッちゃん)、OSINT見習い中の管理人オシン、そして、インテリジェンスの達人であるテリじぃたちは、分断主義勢力のドロイド軍を率いるフェイクー伯爵の攻撃に防戦中です。




株式会社オシンテックは、無慈悲な暗黒卿フェイクー伯爵によるDoS攻撃のもと、崩壊寸前にまで追い詰められましたが、インテリジェンスの騎士の活躍によって、エンジニアの指導者ししょーの誘拐は未遂に終わりました。


しかし、未だに、しったかぶりをする人鵜吞みにする人拡散する人分断主義勢力を拡大しています



ああ~っと!!いま、テリじぃの必殺技「インテリュージョン」がさく裂しました!!













インターネット上には、意図的に流される嘘やプロパガンダのほかに、誤って流される情報が蔓延しています。これらの偽情報は、感情に訴えるようなものも多いため、受け取った人が出どころを確認しないままに拡散することがあります。

近年では、ディープフェイクと呼ばれる人工知能を使って、あたかもある人物が発言したかのように画像や動画を合成することも可能になっており、真偽を見極めることが益々難しくなってきています。

このことが特に注目されたのは、2016年のアメリカ大統領選挙でした。選挙戦に影響するデマが飛び交い、選挙の終盤には、ニセ情報が主要メディアによる記事を上回るほどの注目を獲得するという事態に発展しています。

感染症の蔓延や、戦争など、人心が穏やかでない時期ほど、デマの情報が拡散しやすくなっています。どうか、みなさん、扇動的な情報に触れたときは、複数のソースに触れ、出典を確認し、可能な限り一次情報を確認してください!



こうしている間も、一次情報に情報源を限定したRuleWatcherの世界を、インテリジェンスの騎士たちが守り続けています。



どうぞ、ログイン画面で戦う彼らの雄姿を応援してください。


May the Intelligence be with you...


(下記は、4月1日のログイン画面の様子です)




2022年4月1日

株式会社オシンテック

インテリジェンスの騎士応援団