プライバシー

プライバシーが守られることは大切です。

その一方で、公衆衛生などの公共の福祉のために、個人情報保護が優先されない場面もあることを、コロナ禍で多くの人が目の当たりにしました。世界各地で進められる「スマートシティ」でも、最適化された社会の実現のために、個人情報はデータ連携基盤の上で多様なサービスに活用されることが予定されています。米国等では、顔認証データを犯罪防止に役立てるソリューションが注目されています。

 

幸福な社会とプライバシー。

これから、ビッグデータの時代になっていくにあたり、私たちは自分たちの手元にあるべき個人情報の共有をどこまで認めていくべきなのでしょうか。また個人情報を取り扱う組織は、極めてデリケートで、かつ技術革新の早いこの分野の規制トレンドをどうとらえていくべきなのでしょうか。

Data is King という言葉があるように、プラットフォーマーなど、個人データを多く持っている企業が多くの利益を生み出すようになってきました。人工知能が当たり前の世の中になれば、人は人の決断より、膨大な情報から有益な選択肢を提示するAIの決定を信頼し、情報をゆだねるようになっていきます。実は、プライバシーの問題は、これからAIと人がどう付き合っていくかの問題といっても過言ではないのです。

EU一般データ保護規則(GDPR)に倣い、アジア各国も個人情報保護法を更新しています。米国の一部の州で施行されている「生体情報プライバシー法」について、連邦全体で採用すべきとする議論も始まっています。

 

RuleWatcher™Proでは、今後重要度を増してくる本領域も重要視し、世界の法制プロセスの可視化に努めています。

Contact Us

©2018 - 2020 by OSINTech.