ルールってなんだ? : ミッキーマウス保護法? (米国の著作権法)

最終更新: 2019年1月31日





50年が著作権法の期限だった米国では、実はミッキーマウスの著作権は2003年に切れることになっていました。


ディズニーにとって、ミッキーマウスの著作権が切れたら一大事。


米国では2003年まで、著作者の死後50年までだった法律は、ミッキーマウスの著作権切れの直前に、70年までに延長されました。

背景には、ディズニーの積極的なロビー活動があったといわれています。


実は、それまでにも、1976年に、ディズニーにかかる著作権は、既に一度延長されています。

ディズニーの「蒸気船ウィリー」の著作権が切れる前、それまでの法律では、「作品発表から56年間」が、「著者の死後50年」に変更されました。


ディズニーは、タックスヘイブンも使わずに、米国に法人税を納めている優良な会社。

米国としても守ってあげたくなるのでしょうか。

日本にも著作権法を70年に延長せよという要請が来て、日本も結果的に、TPPにおいて

著作権法を70年に延長しました。


さて、現状、ミッキーマウスの著作権が切れるのは2023年。

どんな動きになるのでしょう。


その頃までに、我々の世界のルール、著作権とはどうあるべきなのか、皆さんも考えてみませんか。




Contact Us

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
株式会社オシンテック

©2018 - 2020 by OSINTech.